奨励賞

純米吟醸「あらかわ」の酒かすで作る「酒かすの塩」 | 【福島県福島市】荒川桜づつみ酒づくり協議会

神谷 雅裕

(大阪府/一般/フリーランス)

実物の塩を拝見しますと、通常の塩と比べ若干黄色味がかっていました。
おそらく酒粕成分の影響だと思われます。
現在では様々な塩が販売されていますが、黄色い色をした塩は多くありません。
そこでその色味も品質訴求の大きなポイントと捉え、パッケージ内の塩を見せるようラベルは前面を覆わないようにしました。
清酒で利き酒をする際には、白い陶器の底に青い二重円が描かれた猪口「利き猪口」を使用し、液色を確認します。
それと同じことをこの酒粕塩のパッケージで再現するためにロゴタイプに青い二重円を使用しました。
また、二重円の青は荒川の清らかな水質も表しています。
ロゴに大きくあしらった「塩」は、清酒で古来から使用される「髭文字」を使用しています。
「二重円」と「髭文字」を前面に主張し、視覚的にも清酒由来の塩であることを表現しました。